Entries

【『きれいなシワの作り方~淑女の思春期病』】

『きれいなシワの作り方~淑女の思春期病』
村田沙耶香 マガジンハウス 2015年9月17日

今年『コンビニ人間』で芥川賞を受賞した
村田沙耶香さんのエッセイ集です。

『コンビニ人間』を読みたいのですが
図書館の予約順はまだまだ先なので
とりあえず違う作品を読もう、と
あれこれチラ見した中からのチョイスです。
まだ、村田さんの著作を1冊も読んでいないのに
エッセイ集って…とも思いましたが(^^;)

普通は作品を読んでから
「この話を書いた著者がどんな人なのか
 どんな考え方なのか、どんな感性なのかを知りたい」
と思って手にするのですが
もくじを見たら
「おとなのパンチラ考」
「‘年齢に合ったいいもの’の謎」
「謙遜をサボる人」
「‘懐かしい’が怖い」
「‘着ない服’愛好会」

などなど惹かれるタイトルが多く
思わず手に取りました。

著者は自意識過剰で
人見知りで友人も少ないアラサーと
自己分析していますが
この本に書かれいる日常を読むと
友だちがいて
お付き合いする彼がいて(今はいないようですが)
海外にも行ったりと
十分、充実した日々を送ってきているような
気がします。
これを読んで思い出したのは
朝井リョウの
『学生時代にやらなくてもいい20のこと』

面白おかしく自虐的に書いているけど
充実した学生時代を送っていた感じが
にじみ出ていたっけ。
自分を自虐的に表現するのが
特徴の世代?なんて思ったり。
林真理子や村上春樹のエッセイでは
自虐とかないから~。

自身で「自意識過剰」とおっしゃるとおり
自意識過剰ゆえの悩みが面白かった。
ここまで考えたら疲れちゃうよ~と
突っ込みをいれつつ。笑えます(*^▽^*)
ますます著作が読みたくなりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

藤野真紀子さんのレシピで
フラップジャックスを作りました。
フラップジャックス
型からはずして
手で割ったり、包丁で食べやすく切り分けます。
フラップジャックス2 
フラップジャックスはイギリスの伝統的なおやつだそう。
ほぼオートミールでできています。
「グラノーラのビスケット版」って感じの
お味です。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kanaiyoko.blog16.fc2.com/tb.php/1405-84a955cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Extra

プロフィール

ようこクリスピー

Author:ようこクリスピー
現在の本業は中学・高校の家庭科講師。趣味と実益を兼ね製菓材料店でも細々と働く。編み物、縫物、読書、お菓子作り、お料理が好き
体を動かすこと大好き。スピッツ大好き。
「一生勉強、一生運動、一生働き、一生遊ぶ」ことを目指している2女1男の母。

2009年度より
ESSEプラチナレポーターを
しています。

ようこクリスピー


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

-->

最新記事