Entries

【『69』/おばけシュークリーム】

『69』村上龍
文藝春秋 2007.8.10

1969年に高校生だった
著者の周囲で起こった珍騒動を描いた
自伝的小説。
楽しく、ちょっと切ない青春物語。

もともと
1987年に刊行されたものですが
2007年に刊行された文庫で読みました。

若いころは
村上龍が好きじゃなくて。
理由は格好つけてる感じがしたから。
高いブランドの名前言ったり。
‘Ryu’s Bar’というテレビ番組の影響があったかも。
そんなわけで村上龍ものは
話題になっても読んでいなかったのですが
35才を過ぎてから
エッセイなどを読むようになりました。
カンブリア宮殿は好き。
その影響もアリ。

あとがきが2つあります。
「楽しんで生きないのは罪なことだ」
とは、1987年のあとがき。
これは1969年に生まれた
当時高校生に向けての言葉。
1970年生まれの私も当時高校生。
バブルに向かってまっしぐらだった時代。

でも
2007年の文庫版のあとがきでは
「楽しんで生きないのは罪なことだ」
なんてアドバイスする余裕は
著者にも日本社会にももうない、と。
「どう楽しんで生きるか」よりさらに切実な
「どうやって生きるか」に
なってしまった、と。

そして『69』を読んだ人は
噓つきの大人たちに
騙されないようにしてほしいと
はっきり言ってます。
著者の高校の教師たちは
生徒を人と思わないような
傍若無人な人間だったという。

それには時代背景や土地柄も
あるような気がします。
著者は長崎県佐世保の高校。
当時はまだ、戦前のような
力づくで生徒を抑えるような先生が
いたのかな?
今は生徒の方が強気に出る場合もあるし。
自分が生まれるちょっと前の時代って
意外と知らなかったな、という思い。

この本、今では
青春小説の古典と言われているよう。
今更ながら
若いころ敬遠していた
村上龍ものを読んでみようかな、と
思ってます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


シュークリームを作りました。
ネットにおばけシュークリームの画像が
たくさんあったので、まねしてみました。
お化けかぼちゃ
適当に描いたら
全部違う顔(^^;)
雑~。








スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kanaiyoko.blog16.fc2.com/tb.php/1412-79b16ad9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Extra

プロフィール

ようこクリスピー

Author:ようこクリスピー
現在の本業は中学・高校の家庭科講師。趣味と実益を兼ね製菓材料店でも細々と働く。編み物、縫物、読書、お菓子作り、お料理が好き
体を動かすこと大好き。スピッツ大好き。
「一生勉強、一生運動、一生働き、一生遊ぶ」ことを目指している2女1男の母。

2009年度より
ESSEプラチナレポーターを
しています。

ようこクリスピー


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

-->

最新記事