Entries

【『無くならない アートとデザインの間』】

『無くならない アートとデザインの間』佐藤直樹
晶文社 20175.5
無くならない
5年ほど前、大野左紀子さんの『アーティスト症候群』という本を読み
アーティストと職人とクリエーターの違いとか
‘アーティスト’ってそもそも何する人を指すの?
日本と海外では‘アーティスト’の概念が違う、など
アートって何?と考える契機になる本に出合いました。

そこへもってきて今回出会った本。
著者は「男と女には深くて暗い川がある」
という歌をひき合いに
「アートとデザインの間」には暗くて深い川がある、と
言っています。
私はアートもデザインも興味があるけど
専門的なことは何もわからない人。
有名な画家の名前を見ても?だったりするのですが
分かるところだけを頑張って読むと
ところどころ心にひっかかる部分があります。

印象的だった箇所は次の箇所。要約して挙げると

「10年後には今ある職業の多くはAIに取って代わられる」
というが、「10年後に無くなると予測される職業を目指す」
者がいても何らおかしなことはない、というところ。
よく「先見の明」というけど、真逆の考え方に
なんとなくホッとしたり。

私たちは、数百年とか数千年という単位で残されている
絵や像を見て感動しているけど、その絵や像の作者が
アーティストやデザイナーじゃなくても何も関係ない。
同じように、この先に残されるものをつくりあげているのが
誰であるかなど、わかることではない、というところ。
納得。

「アート」は明治期に翻訳された言葉で
西洋からの外来語に、やはり外来語である
漢の言葉を当てたもの、というところ。
だからそもそも「ART]は西洋の概念。
…おー!そう言えばそうか!!

他にも読みごたえばたくさん。
アートとかデザインとか芸術にモヤモヤ感がある人、
これを読んでもはっきりするわけではないけれど
「なるほど」と1つ新たな考え方が増えます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


8月最後の昼食のスコーン。
そんなもの作ってる余裕のあった夏休み。
スコーン
新学期が始まり、
男子校の元気過ぎる男の子たちとの毎日が再び。
一気に声がかれた~
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kanaiyoko.blog16.fc2.com/tb.php/1480-f6f1a4a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Extra

プロフィール

ようこクリスピー

Author:ようこクリスピー
現在の本業は中学・高校の家庭科講師。趣味と実益を兼ね製菓材料店でも細々と働く。編み物、縫物、読書、お菓子作り、お料理が好き
体を動かすこと大好き。スピッツ大好き。
「一生勉強、一生運動、一生働き、一生遊ぶ」ことを目指している2女1男の母。

2009年度より
ESSEプラチナレポーターを
しています。

ようこクリスピー


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

-->

最新記事